映画大好き、仕事も大好き。32歳のサラリーマン日記です。2007年、沖縄県での生活がスタート。転勤です。


by Knonac
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:仕事( 2 )

国道330号線。

AM6:50。
毎朝通勤のため、家を出発する時間。
10月の朝は少し涼しくなったけれど
まだまだ暑い。
車にのり、エンジンをかけてすぐに冷房を
つける。

通勤に掛かる時間は、約40分。
40分間の車中で、プライベートから
仕事モードへと切り替える。

自宅から5分で国道330号線に入ると、
今日一日の仕事、課題を残した仕事、
将来へ向けての仕事、様々な仕事が
頭を駆け巡る。
 8月から今までの人生と一変して
大きな責任を背負う事となった。
毎日がプレッシャーとの戦い。
気持ちが潰れてしまわないよう、
沈みそうになっては、自分を鼓舞し、
ネガティブとポジティブの思考を繰り返す。

40分間の車中で、心がUP/DOWNするたび
冷房を入れたり、消したり。
気持ちの変動で体温も連動する。
そのタイミングが、なぜか同じ景色の所ばかり。
この2ヶ月で繰り返される通勤途中の景色が条件反射的に
そうさせているのか・・・。

 国道330号線「野嵩1丁目」交差点。
右折すると間もなく事務所へ到着する。
「野嵩1丁目」交差点は気持ちを切り替える
最終地点。巡らした思考は整理できていないけれど、
「今日も一日、強気で前向きに」と
心で唱える。

 朝の国道330号線。
そんな事を考えている。
[PR]
by knonac | 2007-10-17 21:45 | 仕事
f0060778_20265366.jpg


とうとう来月からWorld Cupが始まる。

サッカー好きにはたまらない、待ちに待った時である。

今年の大本命は、ブラジルだけれど、個人的にはイングランドを

応援している。中でもイングランド代表のジェラードが好きで、

昨年のチャンピオンズリーグ優勝の時は本当に感動した。

0-3のビハインドから後半同点まで追いつき、そしてPKで勝利。

リバプールのキャプテンを務めるジェラードはとてもすばらしかった。

3点差にチームは意気消沈していたところをジェラードのゴールで

起死回生する。あの1点をとったジェラードがカッコよかった。

「まだ終わっていない、絶対に勝つ!」と言わんばかりに、

チームメイトを奮い立たせようとするジェスチャーが印象的だった。

そして優勝カップを頭上に高々と掲げ、歓喜するその映像は今も

心に焼きつく。ほんとに素晴らしかった。まさしく組織の指揮官として

理想の人。皆を統率するリーダシップ、そしてチームからの信頼。

己の努力、熱意、あきらめない心。それがチームに伝染した。

リバプールは本当に良いチームだなと感心した。


ところで、写真はブラジル代表のビッグスター ロナウジーニョ。

ここ数年のロナウジーニョは、プレーの技術力の高さ、華麗さは勿論

素晴らしいと思うが、それ以上に見ていて思うのは

「本当にサッカーが好きなんだろうな」ということ。

サッカーが楽しくて仕方がないといった感じが伝わってくる。

今世界中で、自分の仕事を楽しんでいる人は、ロナウジーニョだろうな。

そう思う。そしてうらやましいなとも思う。

フィールドで見せるあの笑顔。

自分もロナウジーニョと同じくらい、仕事であんな笑顔がでるくらい楽しみを味わいたい。

そのためには、並大抵の努力ではないだろうけれど。 見習いたいと思う。

いつかロナウジーニョのように、歯茎を思いっきり見せて笑いたい。
[PR]
by knonac | 2006-05-30 20:50 | 仕事